オーストラリアの旅 その19 シドニー

オーストラリアの旅 その19 シドニー

(25年ほど前にオーストラリアを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



ゴールドコーストからシドニーに戻ってきて日本に帰る日が近づいていましたが、
肝心のシドニーであまり観光をしていなかったので、最後に駆け足で行ってみました。

ブルーマウンテンズやお気に入りのシドニー郊外へ行って、市内のなじみのお店で食事をして
1年のオーストラリア滞在は終了しました。

何度も渡ったハーバーブリッジ。

オペラハウス

シドニー湾。右奥のビル群手前にフェリー乗り場(サーキュラーキー)。

ブルー マウンテンズ

スリーシスターズ

シドニー郊外


25年前の当時は今と違って、スマホはもちろんインターネットもなくて情報は本の他は
ツーリスト インフォメーションやトラベル エージェントでの会話で得ていたので
必要な情報にたどり着くのに時間と手間が掛かりましたが、それだけ人との触れ合いが
ありましたので、旅の道中の思い出という意味ではよかったかもしれません。
また行くなら、今度はネットで調べてきっちり予約して行きますが(笑)。

 

オーストラリアの旅 その18 ゴールドコースト サーファーズ パラダイス その2

オーストラリアの旅 その18 ゴールドコースト  サーファーズ パラダイス その2

(25年ほど前にオーストラリアを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



サーファーズ パラダイスでの観光2日目。
この日も前日の日本人の方たちといっしょに行動。

この日行ったのが、シーワールド。ここでショーを見て、同行者がイルカと写真撮って、
で楽しみました。その後、街に戻ってウインドウショッピングをして、夕食を食べて解散しました。
楽しかったです。

この日はサーファーズ パラダイス に宿泊して、翌日はブリスベンから今回初めて
飛行機で移動することにし、シドニーに戻りました。

以上、全行程で約1ヶ月の旅でした。途中、体調を崩すことなく行動出来てよかったです。

シーワールドでのショー。

ショッピングモール。





 

オーストラリアの旅 その17 ゴールドコースト サーファーズ パラダイス

オーストラリアの旅 その17 ゴールドコースト  サーファーズ パラダイス

(25年ほど前にオーストラリアを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



ケアンズから長距離バスで、約24時間後にブリスベン着。
すぐにゴールドコースト行きのバスに乗りました。
サーファーズ パラダイスは3回目の訪問で、すでにいろいろ見ていますので、
特に予定を入れないで(バスの1ヶ月パスの期限も迫ってきていましたので)、
ゆっくりする予定でした。

宿に荷物を置き、街中をぶらぶらしていたら前方から見知った人たちが
歩いてきます。なんと、メルボルンのペンギンパレードのバスツアーでいっしょに
なり、翌日もいっしょにメルボルン観光をした方たちでした。
約3週間ぶりの再会です。ここで会うのはすごい偶然です(笑)。

話しをすると予定は決まっていないとのことなので、ここでもいっしょに
観光することになりました。

まずはヘリコプターで空からサーファーズパラダイスの海岸線を見て、
ビーチへの移動に運河にいたジェットボートのタクシー(写真なし)に乗りました。
これはものすごい速度が出て、経験したことがない視界でした。
(上下に短いピッチで振動して移動、景色に眼が追いつかない)

その後、ビーチでパラセイリングをしました。
楽しい1日でした。

ヘリコプターツアー

ビーチでパラセイリング。


この方たちとは翌日も、いっしょに観光することになりました。
 

オーストラリアの旅 その16 ケアンズ & ケープトリュブレーション

オーストラリアの旅 その16 ケアンズ & ケープトリュブレーション

(25年ほど前にオーストラリアを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



ケアンズでの最終日。1泊2日のボートダイビング終了翌日だったので、疲れているかもしれ
ないので予定を入れていなかったのですが、案外元気なのでバスツアーに参加することにしました。

ケアンズの北にあるケープトリュブレーションの熱帯雨林を4WDのバスで巡るツアーに
前日に予約の電話をして当日集合場所に行ってみると、ツアー カウンターでリコンファーム(予約の
再確認)をしていないので、参加出来ないと言われてしまいました。
しょうがないのでバスを見送って周囲を歩いていたら、しばらくしてバスが戻ってきたので
駆け寄って運転手に話しかけると乗客を各ホテルでピックアップしても、まだ席が空いているから
参加出来るとのこと。急いでツアー カウンターで支払いをして乗り込みました。

ケープトリュブレーションは、いかにも熱帯雨林のジャングルという感じでした。
ランチで寄ったココナッツビーチ レインフォレストリゾートのロッジは素晴らしい施設。
その後、道路を横断する小川で運転手が写真を撮りたい客を降ろして何度もシャッターチャンスを
作ってくれてツアー終了(笑)。楽しい1日でした。

ツアーで乗ったバスは、ベンツのウニモグがベース(だと思う)。乗り心地はビミョウ(笑)。

ジャングル内の道路。

ジャングルを徒歩で散策。

ランチで寄ったココナッツビーチ レインフォレストリゾートのロッジ。

バスを降りて撮影準備(笑)。

これを何回もやってくれました(笑)。


翌日の朝8時30分に長距離バスでブリスベンへ向かいました。
到着は24時間後です。ブリスベンは以前行っていますので今回は滞在せず、
すぐに、ゴールドコーストのサーファーズ パラダイスへバスで行きます。







 

オーストラリアの旅 その15 ケアンズ & グレートバリアリーフ

オーストラリアの旅 その15 ケアンズ グレートバリアリーフ

(25年ほど前にオーストラリアを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



アリススプリングスのツーリストインフォメーションに勤務していた日本人女性に
薦められて予約をしていたケアンズのダイビングスクールにこの日から通いました。
5日間コースでレクチャー、プール実習、ライセンス取得、日帰りダイビングと
オーバーナイトのボートダイビング1泊2日をします。

用意していったのは、水着とタオル、ノートだけであとはレンタルでした。

スクールは日本人インストラクターによる日本人のみのクラスで8人ほどと
いっしょに学びました。
1日目は、レクチャー(これはひさびさな状況でかなり厳しかった)とプールで水泳練習。
2日目午前は、レクチャー。午後はプールで機材を付けて実習。その後、学科試験と水泳試験。
3日目はグリーン アイランド(グリーン島)で日帰りボートダイビングでダイビング実習とライセンス取得。
4〜5日目はボートで沖に出てダイビング(昼間は計4本)。4日目夜は、ナイトダイブを経験。

プールでゴーグルを付けて実習中、なんかゴーグル内に水が入ってくるなあ・・と思っていて、
よく考えてみると今回の旅に出てから1回もヒゲを剃っていないので、ヒゲを伝って水が
浸入してきているのでした。これは参りました(笑)。

この日でヒゲを伸ばして3週間くらい。最終的には1ヶ月間剃りませんでした。


ライセンス取得の勉強は大変でしたが、グレートバリアリーフでのダイビングはホント楽しかったです。
ボートでの1泊2日は小ぶりなボートなので揺れがすごくて最初は大変でしたが、
慣れると景色を見る余裕が出来ました。

ダイビングは日本人2人でペアを組んで行いました。このツアーもライセンス取得までの
メンバーといっしょでしたので仲良く出来ました。

船上での食事が3食オートミールだったのはまいったけど(笑)。それも味がない(爆)。
5日目にケアンズに戻って解散。ライセンスは後日、日本に郵送で届きました。

3日目、グリーン アイランドで日帰りダイビング。

4日目のボート上から。

ダイビングはこのカッコで。



翌日もケアンズに滞在して、バスツアーに参加します。






 

オーストラリアの旅 その14 ケアンズ

オーストラリアの旅 その14 ケアンズ

(25年ほど前にオーストラリアを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



ケアンズに着いて宿を決めて、翌々日からはアリススプリングスで予約したダイビングの
ライセンスを取るためのスクールへ通うのですが、長距離バスでの移動の疲れを取るために
1日開けていて、何もしないのもつまらないのでラフティングのツアーに行ってみました。

バスで山へ行って、上流からボートで川を下るのですが、けっこうな急流の連続で
めちゃめちゃ楽しかったです(笑)。
この日は同じツアーに珍しく日本人が多くて、自分と2人の若い男性、それと
スウェーデンから来たグループと同じボートになりました。
ボートはキャプテンとクルー7人の構成で、キャプテンの合図に合わせて
漕いだり、休んだりを繰り返して急流をパスします。

途中、ランチでバーベキューのステーキを食べ、休憩後、再度ボートで下ります。


途中のポイントでツアーのスタッフが写真を撮っていて、ケアンズに戻った時に
ツアーカウンターで自分が写っているのを注文し、翌日受け取りました。

このボートのメンバーは息が合っていて、転覆することなく段差を超えていましたが、
最後の段差で激しく転覆し、その際、腰を強打しましたが幸い翌日に痛みが続くことは
なく、無事にダイビング スクールに参加することが出来ました。






 

オーストラリアの旅 その13 ダーウィン > ケアンズ

オーストラリアの旅 その13 ダーウィン > ケアンズ

(25年ほど前にオーストラリアを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



カカドゥからダーウィンに戻って一泊し、次の目的地であるケアンズに長距離バスで
向かうのですが、この移動がこの旅で一番時間が掛かり、所要時間なんと約40時間(笑)。
ダーウィンを出発して、以後、途中5時間おきくらいに停車して休憩の繰り返し。
もう二度とやりたくない(爆)。

ただ、この移動の際、同じバスに乗り合わせたイギリスの紳士(定年退職して、一人旅していると
言っていた)が、休憩のたびに話しかけてきてくれて、かなり救われました。
(こちらのつたない英語に付き合ってくれて)いろいろな話しをしましたが、
私が「ロンドンに行ったらオススメの料理は?」の質問に「イタリアンだな」
と言ってのはウケたなあ。あと「雨の日は来ないほうがいいよ。
ただ、ほとんど雨に遭遇するけれど。」と言っていたのも笑えました。

途中、中間地点のマウントアイザで長めの休憩をしましたが、(夜間だったのでよく分かりませんでしたが)
周囲がやけに点々と照明が灯っているなと思ったら、ここは鉱山だったみたいでその作業灯だったのでした。

それにしても、ずっと座っているのはしんどかったです。
そのせいか、この移動の写真はまったく残っていないのでした。


 

オーストラリアの旅 その12 ダーウィン > カカドゥ国立公園

オーストラリアの旅 その12 ダーウィン > カカドゥ国立公園

(25年ほど前にオーストラリアを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



ダーウィンからカカドゥ国立公園に移動して、バスツアー&リバークルーズに参加。
バスで雄大な景色を見て、その後は小型船で川を移動するリバークルーズ。
このクルーズはワニ(クロコダイル)が見られるというので、楽しみにしていました。
しかし、行けども行けども、ワニはいない(笑)。景色はキレイでした。
しばらくしてガイドさんが「アッ!」と指差す方向を見ると次の瞬間「流木だった・・」でガックリ。
結局、いませんでした(笑)。参加者の一人が笑いながら「クロコダイルはどこだ〜」って叫んでましたね。


ジャングルを巡るバスツアーの途中で。

巨大なアリ塚。そこらじゅうにありました。

アボリジニの壁画。

リバークルーズの船から。

リバークルーズを終えて。

この日はカカドゥで一泊して、次の日ダーウィンにバスで戻りました。
 

オーストラリアの旅 その11 アリススプリングス > ダーウィン

オーストラリアの旅 その11 アリススプリングス > ダーウィン

(25年ほど前にオーストラリアを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



長距離バスでアリススプリングスを午後3時30分に出発。
ダーウィンは翌日の午後5時到着。宿に荷物を置いて街中を歩くも
非常に小さなエリアに少数の商店がポツポツあるだけなので、
あっという間に観光終了(笑)。
夕食は、屋台みたいな造りのお店が並ぶところでバングラディッシュのお母さんが作る煮込みみたいな
料理を食べましたが、おいしかったです。
夜はやることがないので翌日のバスツアーに備えて、早々に寝ました。


アンセット パイオニアの長距離バス。グレイハウンドと提携していて
こちらの会社も1ヶ月パスで利用出来ました。
 

オーストラリアの旅 その10 マクドネル山脈

オーストラリアの旅 その10 マクドネル山脈

(25年ほど前にオーストラリアを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



早朝に起きて、アリススプリングスからマクドネル山脈へ日帰りバスツアーに参加。
予約の時に「水着を着てきて下さい」と言われ「??」。



雄大な景色を満喫して、しばらく歩くとガイドの人が「ここで泳ぎますよ〜」と言った先には
小さな池というか、水溜りというか・・(笑)。


「ええっ、ここで泳ぐの??」と思ったけれどガイドさんが「行け、行け」と言うし、
まわりも脱ぎ始めているので、いっしょに海パンに。
隣にいた白人のお姉さんは「汚そう・・」と言って泳ぎませんでしたが(笑)。

これが、景色とのギャップがありすぎて非常に楽しかったです(笑)。
このあと、調子を崩すこともありませんでしたし。(写真は私ではありません)
昼食はバーベキューで焼いたステーキを食べましたが、今でも思い出すくらいおいしかったです。

夕方、アリススプリングスに戻って、午後8時15分にダーウィンに向けて長距離バスに乗りました。




 

| 1/2PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Latest entries

          

Search this site.

Categories

.

ブログパーツUL5

Archives

Profile

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM