日産 e-NV200 試乗

日産 e-NV200 試乗

日産自動車 横浜工場の敷地内で行われるイベント 日産車フェア IN 横浜 で試乗しました。

数ヶ月前にNV200(バン。ガソリン車)に乗ったので、比較が出来ました。
パワートレーンが変わるとこうも印象が変わるのかとビックリしました。
電池の関係で重心が低いのと、重量が重いのでドッシリした感じは、
三菱 ミニキャブミーブと同じ感じです。
モーター等はリーフから、とのことです。振動がほとんどないので、ガソリン車に比べて
運転が楽そうです。というか、ガソリン車はかなり割り切った造りで驚きましたが(笑)。
サスペンションはNV200と同系とのことなので空荷だとサスがリーフより
やや落ち着かない印象でしたが、快適でした。

航続距離は荷物を積んで一般道で100キロ程度ではないか、と言っていましたので決まった場所
の配達に使うのが想定されているそうです。横浜はリーフのタクシーが多数走っていますが、
スーパーの急速充電器で充電しているのをよく見ます。そこにe-NV200も加わるのかな?。

n4.jpgn3.jpg

会場に展示されていたウルトラマンギンガの「マラミュート」
n5.jpgn6.jpg

トヨタ ミライ 同乗試乗 メガウェブ

トヨタ ミライをお台場のトヨタ メガウェブで同乗試乗しました。

http://www.megaweb.gr.jp/article/mirai/

午前11時から午後1〜2時の予約が始まって、この時間帯は6組限定で、
平日の11時30分に受付した自分はこの日の4番目でした。

指定の時間に集まって、番号順に呼ばれて乗り込みます(1組3人まで)。
予約時に代金300円を支払います。

助手席に乗り込んで、スタッフの方がスタートボタンを押すとシステムが起動して
スタート準備完了。FCスタックの起動音が、新鮮な印象です。
その後は、狭いコースを静かに走ります(コースを2周)。

ニッケル水素のバッテリーを搭載しているので、発進時は主にこちらから
電気を得て走行中はFCから、という感じでした(モニターから)。

試乗中、ダッシュボードに「H2O」の文字が書いてあるボタンを見つけて、試乗のあとに
「なんですか、これ?」と聞くと「電気といっしょに出来た水の任意の排出ボタンです」と。
水を貯めるタンクがあるそうです。
満タンになったら自動で排出するが、このボタンでいつでも排出出来るそうです。
「押してみましょうか?」と言っていただけたので、お願いしてクルマを降りて
後方に行くと「押しますよ〜」と同時に湯気が立った水(お湯)が
ジャージャー出てくる、出てくる(笑)。これはヤバイです。
人には見せられない(爆)。100キロで6リッターって、言っていたかな?。
FCVが街を走り始めたら、水は垂れ流しなのかな?と思っていましたが、
さすがトヨタです。人が見ていないところで、そっと押すのがマナーになるのかな?。


t1.jpgt3.jpgt4.jpg
水を排出中。
t2.jpg



 

日産 GT-R 試乗 

日産 GT-R 試乗

http://www.nissan.co.jp/GALLERY/HQ/INFORMATION/INFO-NEWS/?id=286

日産グローバル本社ギャラリーにて、GT-Rを試乗しました。
以前はGT-Rは土曜と日曜のみだったのですが、11月から毎日試乗出来るようになったそうです。
金曜日の夕方にギャラリーに行った際、その日の最後の枠が残っているとのことで、
スタッフの方にお声を掛けていただき、運よく乗ることが出来ました。
GT-Rは、ディーラーでの試乗車があまりないとのことなので、全国から乗りに来るそうです。
(GT-R試乗は35歳以上、免許取得1年以上の条件あり)

試乗したのは2014年モデル。日産本社周辺のみなとみらいエリアを15〜20分走りました。
まずはATモードで走り出し、その後マニュアルモードにして変速を楽しみました。
信号の多いエリアなのでゴー&ストップばかりですが、やはり盛り上がりますね(笑)。

g1.jpg

ギャラリーにはすでに2015年モデルが展示されていました。GT-R プレミアムエディション。

ヤマハ トリシティ 125 全国体感試乗会

ヤマハ トリシティ 125 全国体感試乗会

ヤマハ トリシティをお台場のトヨタ メガウェブで試乗しました。
ここは通常トヨタ車の試乗コースなのですが、この日は特別に使用していました。

コースの一部にヘアピンコーナーがあって、そこの路面が石畳になっていて
コーナーを通過する際の安定感が印象的でした。
まっすぐ走る時は、3輪を意識することなく普通に走れます。
路面が悪い時や雨の日はグリップ感が高そうで、2輪車より安心感が高そうです。

t8.jpgt3.jpgt2.jpgt1.jpgt4.jpgt5.jpgt6.jpgt7.jpg

ホンダ ライディングシュミレーター

所用で行った警察署でホンダ ライディングシュミレーターを体験しました。
フル加速して指定距離でフルブレーキを診断するのですが、けっこう難しいです。
こういうのでドキドキ体験をするのもよいと思います。


X-KART

2012年のモータースポーツジャパン会場の隣でX-KARTなる
乗り物の試乗会をやっていたので乗ってみました。

この時初めて見たのですが、カートに保安部品を取り付けて
ミニカー登録(50cc)で公道を走れるようしてあるのがスゴイです。

乗り味はカートそのもの。けっこうステアリングが重いですが、
コーナリングは、けっこう踏ん張ります。
JOG系のエンジンも、改造してあるものは加速がけっこうイケてます。
この日の試乗はクローズドな場所でしたが、面白かったです。

実際に公道を走るには車高が低いので、他のクルマからの視認性がちょっと心配なのと
めちゃくちゃ目立つと思うので、周囲からジロジロ見られる覚悟が必要かも(笑)。
実際、YouTubeでの公道走行の映像はマリオのカッコで走っているので
渋谷の街でバカ受けでしたね(爆)。
 

ホンダ MC-β

超小型EVのホンダ MC-βを東京モーターショー2013の試乗会場で乗りました。
狭いエリアでの試乗なので語るほどではないのですが、しっかりした造りが印象的でした。


下の写真はエコプロダクツ2013の試乗会場で撮影。

右はトヨタ車体のコムス

ニッサン ニューモビリティ コンセプト

ニッサン ニューモビリティ コンセプト。
新規格EVで、現在、横浜みなとみらいエリアでレンタカーにて実証実験中。
乗ったのは実証実験初期の頃。みなとみらいの赤レンガ倉庫から
中華街、元町、山下公園等を経由して約45分乗りました。

操作は非常に簡単で、簡単なレクチャーですぐに運転出来ます。
走行感覚は車体が小さいので自動車というよりも
原付バイクに近いイメージ。この車両はドアの窓がないので
その日の気温や天候にかなり左右される乗り物で
そういう意味でもバイクに乗っていると思ったほうが理解しやすいです。

乗り味は、よく言えばバイクでもないクルマでもない、新しい乗車感覚でもあり、
悪く言えばゴルフカートみたいだったりで、求める方向で意見が分かれそうです。

自分は冬に乗ったのでバイクの服装で運転しましたが楽しいの一言でした。
機会を作って乗ってみるのをオススメします。

元町エリアを試乗中、買い物に来ていた高齢の男性陣の視線が痛かったです(笑)。


 

トヨタ車体 コムス

トヨタ車体が発売しているコムス。ミニカー登録のEVです。
現在、トヨタ メガウェブで試乗出来ます(有料300円)。

モーターはけっこう力強く加速してくれます。
乗り味が3輪車のホンダ ジャイロキャノピーにそっくりなのでビックリです。

近所のセブンイレブンがデリバリーで使っています。
この仕様だと、積載スペースが広くて便利そうです。

トヨタ i-REAL (アイリアル)

トヨタのショールーム メガウェブでアイリアルに試乗しました。
(現在は行われていません)
写真の女性はアイリアルを説明するデモンストレーターの方。
アイリアルは現在、実証実験が始まったアイロード(i-ROAD)の原型になります。


こちらは最新のi-ROAD

 

| 1/1PAGES |

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Latest entries

          

Search this site.

Categories

.

ブログパーツUL5

Archives

Profile

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM