アメリカの旅 その28 ニューオリンズ その2

アメリカの旅 その28 ニューオリンズ その2

(25年ほど前にアメリカを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



3月5日 月曜日。晴れ。
午前9時に起きて、街中散策。
怪しい骨董屋さんとかあって、面白すぎです(笑)。
中に入ってみると、店主が「それいいモノだよ。ホンモノだよ〜」と
話しかけてきました。「ホントに?」と聞くと、
「オレはアメックスのゴールドカードを持っているから、信用出来るよ」
だそうです(笑)。まあ、荷物になるしお金もないので見るだけ、ですけど。

途中、ホテルのロビーに(今はなき)コンチネンタル・エアのカウンターがあるのを見つけて
行ってみる。カウンターのお姉さんに「明日のヒューストン行きの便の席はありますか?」
と聞くと「ある」と言う。ニューオリンズ>ヒューストンのチケットが39ドル(バスは50ドル以上)
だと聞いて「安いですね」と言うと「ただし、午前5時45分の便か、午後2時30分の
便」だと。要するに「売れ残り」シートなのでした。早めの移動をしたいので5時の便にする。
バスより安いのは、ラッキーでした。

午後は、有名なカフェ デュモンドへ。
ここは、オープンテラスになっているお店で大変なにぎわいでした。
ただ、1人だったのですきまの席にすぐに案内してくれました。
定番のコーヒーとベニエ(ドーナッツ)を注文。エキストラチャージで
飲み終えたカップを持ち帰れるとのことなので、荷物が重くなるなと
思いつつ、自分へのおみやげとして注文。コーヒーはおいしいし、
ベニエも熱々でサイコー(笑)。いずれもおかわりしちゃいました。

帰国後すぐに、同名のお店が近所にオープンしたのはビックリしましたね。
(もちろん、ロゴもいっしょのお店。経営はダスキンらしいです。)
その後、母親が持ち帰ったカップを割ってしまい、お詫びに近所のお店で
代わりのを買ってきたのは笑えましたね。私がお気に入りにしていたのを
知っていたので相当焦ったそうです(笑)。残念ながら、ビミョウに違いますが。

その後、買い物をして夕食をかねてバーへ行く。店の前のカンバンで、
夕方のこの時間、「ハッピーアワー」と称してカキ(6個)が通常の半額なのは
チェック済み。「生のカキは、キケンかな〜」と恐る恐るビールと頼むと
これが、めちゃおいしい!。もう止まりません。
おかわりをして、追加でゆでエビも食べてさらにビール飲んでと上機嫌(笑)。
カキ3皿、エビ2皿をビールで流し込みました。
(その後のオナカの調子は大丈夫でした。)

店を出て、ジャズを聴きにバーボンストリートへ。
まずは適当に入ったバーで、そして有名なプリザヴェーションホールへ行く。
(ここは、けっこう狭い)。普段ジャズは聴かないけれど、楽しめました。
目の前での演奏は、迫力ありましたね。

午後10時30分就寝。楽しい1日でした。

写真右がカフェ デュモンド。
n1.jpg


 

コメント
コメントする








   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Latest entries

          

Search this site.

Categories

.

ブログパーツUL5

Archives

Profile

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM