アメリカの旅 その31 ヒューストン > デンバー > フェニックス

アメリカの旅 その31 ヒューストン > デンバー

(25年ほど前にアメリカを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



3月8日 木曜日。 晴れ。
午前4時に起きて空港へ。
ホテルのフロントに行くと言われたとおり誰もいないので、デスクのカウンターに
カギを置いて表に出る。そういえば、支払いのサインをしていないけど大丈夫
なんだろうか?と思ったが、帰国後、しっかり請求が来ていました(笑)。

外は、まだ日の出まで時間があるので誰も歩いていなかった。
前日に手配してもらったタクシーを待つため、ダウンタウンのホテル前に早めにいると
「大きいカバン抱えてひとりでポツンと立って、この状況ってヤバくないか?」と
急に不安になる。と、その時、響き渡る電話の呼び鈴。ビックリして周りを見渡すと
すぐ横にある公衆電話が鳴っているじゃありませんか(笑)。
出るわけにもいかずボーゼンと見ていたら、どこからかいきなり男の人が来て電話に出て
「間違って公衆電話にかけているよ」と言って、またすぐにどこかへ消えて行きました。
何なんだ今のは・・と思っていたらタクシーが来て一安心。

午前11時、デンバー着。と言っても、ここはフェニックスへ行くための乗り継ぎで
寄っただけなので、滞在時間は約5時間だけ。それでも今回は空港の外にでて
ダウンタウンまで行ってみることにしました。空港に着くと、見渡す限りスキー板を
持ったスキーヤーだらけ。遠くにロッキー山脈も見えて、うらやましい限りです。

デンバーは時期が時期なので、やっぱり寒かったです(笑)。
ダウンタウンでは街中を貫くL.R.T.(トラム、路面電車)に乗って移動し、周囲を散策。
昼食は持って行った本に書いてあったサンドウィッチ屋さんに行ってみる。
お店に着いたのはランチにはちょっと遅い時間で、外から見るとお客さんがいなくて
入るのにちょっと迷いましたが、聞いてみると持ち帰りならオーダーはOKとのことなので
ローストビーフのサンドウィッチを作ってもらい、店を出てすぐのところで食べました。
これがスゴくおいしくて、結局食べ終えてから戻って、もう一個作ってもらいました(笑)。

デンバーのダウンタウンは、キレイな町並みでいい所でした。
いつかスキーをしにまた来たいな、と思いましたね。

その後、空港へ戻って午後9時にフェニックス着。
宿は、サンフランシスコのトラベルエージェントで予約してもらったモーテル。
大きなイベント開催があるので、ダウンタウン内のホテルは取れませんでした。
着いてみるとダウンタウンからとんでもなく離れていて、クルマで30分くらいのところ。
明日、どうしようと思いつつ、案内された部屋は、予約時にここしかなかったという2人部屋。
ただし、シングル料金でOKでした。部屋がめちゃめちゃ広いです。その中で
目に飛び込んできたのが、キングサイズのベッド。自分が両手を広げてもさらに
左右に30cm以上のスペースがあります(笑)。広すぎて、なんか落ち着きません(笑)。

明日から今回の旅の最大の目的である、F1アメリカGPの観戦ですので、さっさと寝ました。

遠くにロッキー山脈。
d1.jpgd2.jpgd3.jpg






 

コメント
コメントする








   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Latest entries

          

Search this site.

Categories

.

ブログパーツUL5

Archives

Profile

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM