アメリカの旅 その34 フェニックス F1 アメリカGP (1990) その3

アメリカの旅 その34  フェニックス F1 アメリカGP (1990) その3

(25年ほど前にアメリカを旅した時の記録です。
古い話なのであんまり参考にはならないと思いますし、
なにより記憶が間違っていることもありますので、その辺はご了承いただければ幸いです。
当時付けた日記を見て書いています。)



3月11日 日曜日。 曇り。
午前7時30分に起きて、サーキットへ。いよいよ決勝レースの観戦です。
今日も朝食は、ドーナツ食べ放題(笑)。他の宿泊者の方たちと楽しく食べました。
なんだか染まってきましたね(爆)。

ところで、この時のサーキットで得られるライブの情報は文字だけの電光掲示板があるだけ。
場内放送はあるけれど排気音と放送音質が悪くて、まったく聞き取れない状態でした。

金曜、土曜の予選結果は、予選終了後しばらくして数ヶ所にポツンと置かれた箱に印刷された
タイプ文字の情報だけで得ていました。いちおう着いてすぐにFIAの公式パンフレットを
購入したけれど、今と違ってネットはないし、出発前に事前の情報も得ていなかったので、
このレースが開幕戦ということもあり、ルーキーだと誰だかまったく分からない状態(笑)。

なので、レースが始まってティレルの中島さんのチームメイトをパンフで見ても
「アレジって、誰?」状態でした(笑)。

フォーメションラップが始まり、盛り上がって来ました。
レースがスタートすると盛り上がりもピークでいっせいに観客が立ち上がり
大盛り上がりでしたが、中には冷静な方たちもいて、そのグループの方(女性)が「座れ〜」
と数回怒鳴ると、周りも我に返って着席。
けど、アレジがレース序盤から大活躍で中盤からセナと大バトル。
メインストレートに戻ってくると、ふたたび立ち上がって大騒ぎ。そして着席の繰り返し(笑)。

セナとアレジのバトルは自分の席からは見えなかったので、帰国後にビデオで確認しました。
レース中の状況は電光掲示板が情報を更新していましたが、実際はメインストレートに
戻ってくる時に自分の眼で順位を確認する感じ。けど、そのほうが盛り上がるという意味では
よかったかもしれないですね。

結果はバトルの末、セナの勝利で大満足。中島悟さんも6位でフィニッシュしました。
表彰式を席で見て、その後はコースやピットレーンが開放されたので間近でマシンを見られました。

午後5時30分にモーテル着。寒い1日でしたが、レースは熱かったです。
しかし、改めて写真を見返すと「こんなところまで行っていたんだ」と
ビックリします。おおらかな時代だったんですねえ。

レース前のウォームアップ中。
f22.jpg
目の前をF1マシンがアクセル全開で疾走中。壁の切れ目の下には・・。
f23.jpg
ロンジンの機器が公式計時中でした。周りに誰もいないんですけど、大丈夫か?。

フォーメーションラップ中の最終コーナー。先頭はベルガー。セナは予選5番手。
f25.jpg
レース中。
f33.jpg
f26.jpgf27.jpg
表彰式。中央にセナ。
f28.jpg
レース後のコースを歩く。
f21.jpg
レース後のピットに行く。マクラーレン。
f32.jpg
フェラーリ。
f30.jpg
ウィリアムズ。
f29.jpg
スクーデリア・イタリア。
f31.jpg
サーキット内の展示スペースで。フェラーリ 312T(たぶん)。
f34.jpg
ウォルター・ウルフ WR1(たぶん)。右側のが何だったのか、気になります(笑)。
f35.jpg

 

コメント
コメントする








   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Latest entries

          

Search this site.

Categories

.

ブログパーツUL5

Archives

Profile

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM